歯列矯正で失敗例あり!矯正で失敗しやすい人の特徴とは?

歯列矯正
カテゴリー

歯列矯正の経験者の中でも、矯正してよかったと答える人と、矯正で失敗したと答える人がいます。

今回は、せっかく歯列矯正を終えたにもかかわらず、どのような場合に矯正で失敗しやすいのかについてお話していきます。

スポンサーリンク

歯列矯正の失敗例!矯正で失敗しやすい人の特徴とは?

まずは、歯列矯正で失敗しやすい人の特徴から見ていきましょう!

✔ 『親知らず』を抜歯していない

歯列矯正を始めるにあたって、親知らずの抜歯の有無は、人それぞれであり、矯正医の判断で抜歯を勧められることがほとんどです。しかし、矯正医の判断の甘さや、どうしても抜歯したくないという患者さんの意見で、親知らずを残しておいたことにより、歯列矯正終了後に親知らずが歯列の悪さをすることもしばしば。

そのことが原因で『歯列矯正の失敗』として挙げられることもあります。

そのため、まだ親知らずが上手く生えそろっていなかったり、半分だけ生えていたりする状態の場合は、矯正医の判断と治療計画に沿って、抜歯しておくことがベスト!!

momo
momo

『どうしても親知らずを抜きたくない。』と言った場合は、無理して抜歯をする必要はありませんが、歯列矯正後に歯並びが再びガタガタになる恐れがあることを頭に入れておいた方が良さそうです!

✔ 虫歯がある

矯正治療を始めるにあたって、しっかりと虫歯の治療を完全に済ませておく必要があります。

矯正治療は、ブラケットやマウスピースを歯に装着することによって、普段虫歯になりにくい人でも、虫歯になるリスクが高くなります。

矯正治療中はもちろんのこと、矯正治療終了後も歯のケアは欠かせません!

虫歯や歯周病などで歯を失うことになってしまっては、せっかくした歯列矯正も水の泡。自分のミスで『歯列矯正が失敗』とならないようにしたいものです。

普段から虫歯になりやすい人や、歯の健康に対する意識が低い人は特になのですが、 これまで以上に入念なケアが必要になります!!

momo
momo

矯正を始めるにあたって、矯正医や歯科衛生士から強く指導を受けるので、しっかりと聞き入れケアを徹底しましょう!!

✔ 骨格に特徴がある

よくある歯列矯正の失敗例に挙げられるのが、

  • 顔が長くなった(面長になった)
  • 顎が長くなった
  • 頬がこけた
  • 老けて見られるようになった

という事例です。

これらの失敗例は、歯列矯正の失敗というよりも、本来の骨格の表に出た結果です。

例えば、

元々顔が小さく、顎が目立たなかった人で噛み合わせが悪かったとします。その場合は、噛み合わせを良くしたことで、顎が長く見えるようになることがありますし、その分、顔が長くなったように見えるでしょう。

また、

元々丸顔の人が、矯正治療を進めるにあたって、計4本の抜歯をし、矯正するスペースを作る治療方針で矯正をしたとします。今までは、歯が綺麗に並びきらなかったために顔が丸く見えていた人が、矯正をすると一気に面長で頬がコケて見えることがあります。

その場合は、この人は、元々、面長な骨格と面長に見える顔のパーツの人だったということが言えます。矯正をしたことで本来の顔の形、骨格が表に出た結果です。

どちらにしても、歯の健康、歯の並びを綺麗に良くした結果であるため、矯正治療自体は大成功なのですが、矯正後の自分の顔、骨格の変化に戸惑ってしまう人も多いのも事実です。

momo
momo

歯並びは綺麗にしたいけれど、骨格は変えたくないだなんて。

ないものねだりですよね。

矯正治療中は、どうしても表情筋が衰えてしまうので、頬コケが起きやすいです。表情筋を鍛える努力は自身でもできるので、努力を惜しまないように気を付けたいですね!

✔ 理想の歯並びがある

『理想と違う歯並びになってしまった。』ということも歯列矯正の失敗例に挙げられる事例の一つです!

この場合は、矯正医としっかりとコミュニケーションをとる必要があります。矯正医が良いと考えている理想の歯並びと、患者さんが良いと考えている理想の歯並びには、ギャップがあることがほとんどです。

そのため、2週間や1か月に一度の調整の治療のたびに、こまめに矯正医と意思疎通をし、しっかりと理想の歯並びへと近づけられるようにすり合わせが必要となります。

momo
momo

矯正医には、『ここはこうしたい!』という自分の理想の歯並びを細かく、しっかりと伝えること!これに尽きます!

患者さんは高額な費用を払っているのです。『こんな歯並びになるとは思っていなかった。』という失敗だけは避けたいところですね。

歯列矯正で失敗例あり!実際に起こり得る主な失敗例とは?

失敗例1:矯正後の後戻り

歯列矯正をしたにもかかわらず、治療終了後、わずか1年も経たないうちに、歯列の乱れを感じ始めることがあります。

こうなる理由として、多くの場合は、矯正前の段階での抜歯の有無によるものが多いです。

矯正を始める前に、クリニックでは矯正治療前検査をします。その時に、その人に合った矯正治療方法を矯正医が考えます。矯正をするにあたって、その人の歯列、顎の大きさなどから抜歯が必要になるのかどうかについては、矯正医が判断するのです。

しかし、この段階で矯正医の判断に誤りがあったり、また、矯正医が抜歯を勧めたとしても、患者さんが抜歯を拒否したりするケースも。

momo
momo

抜歯をした上での矯正治療が必ずしも良いという訳ではありません。

どちらにしてもリスクが伴うことを十分に理解し、自身に合った治療方法で治療を勧めてくれる矯正医に出会い、治療が始められることをおすすめします!

失敗例2:口元の歪み

抜歯をする場合、正中が合っていないと、噛み合わせが悪くなることがあり、口元に歪みが生じます。

その結果、顎の痛みや顎の関節の痛みを引き起こし、顎関節症になるケースもあります。歯列矯正では、ただ単に歯を綺麗に並べるだけではありません。表面的な綺麗さは、さることながら、正しい位置へ歯を整えることが重要だということが分かります。

失敗例3:頭痛などの体の不調

上記で挙げた口元の歪みは、いずれ頭痛や体の不調へとつながっていきます。

噛み合わせが上手く噛み合わさっていないことから、顎の関節や顎周辺の筋肉が正しく機能していないことがあります。そのことで、頭痛、肩こりを引き起こしてしまうことがあり、場合によっては、歯そのもの自体も上手く噛み合わさっていないことから、食べ物を噛んだときに虫歯のときのような、歯に響く痛みが現れることも。

歯列矯正の失敗例!矯正歯科の選び方に注意!

矯正歯科は全国各地に本当に数多くありますよね。どの歯科医院が良いのかなんて最初はわかりません。

しかし、良い歯科医院の選び方の決め手があるのです!

そのポイントは、

  • 最初のカウンセリングは無料でしてくれるか
  • カウンセリングでしっかりと時間をかけてくれるか
  • カウンセリング時に親身に相談に乗ってくれるか
  • 自分と似た骨格、顔のパーツの人の今までの事例と治療開始~終了までの経過の画像を見せてくれるか(矯正後の顔の変化の様子が想像しやすいですよね!)

などが挙げられます。

矯正歯科の選び方は、本当に難しいです。

第一印象は良い歯科医院でも、通い始めてみれば、

  • 予約が全く取れないため、治療がなかなか進まない
  • 装置の破損、脱離の対応を当日中にすぐにしてくれない

など、少し悪い面も見えてくることもしばしば。

候補に入れている歯科医院へ実際に通っている方の口コミを頼りにする方が信頼できるかもしれませんね!

歯列矯正の失敗!失敗したときは返金してもらえるのか?

歯列矯正で失敗したときは、返金してもらえるかについて詳しく見ていきましょう!

✔ 歯科医院から返金してもらえるのか?

確かに、高額な費用を払った歯列矯正で失敗なんてされたら、絶対返金してほしい!と思われる方も多いかと思います。

しかし、矯正治療開始と同時に治療費を支払うことが原則となっている歯科医院がほとんどだと思われます。治療が開始する時点で、完全に矯正装置を装着していたり、マウスピースも最終工程まで作り終えてしまっていたりします。

そのため、治療費を返金してもらうことは基本的には、できない医院が多いです。

が、

momo
momo

諦めないでください!!

いくらかキャッシュバックされる場合もあるのです!

✔ 医療費控除とは?

医療費控除という制度はご存知でしょうか?

医療費控除とは、年間の医療費が10万円を超えた場合に、一部還付されるという制度。

通常、歯列矯正は自費治療のため、医療費控除対象外なのですが、歯列矯正の目的によっては、医療費控除の対象になることがあります。

それは、歯列矯正の目的が、美容目的のためでなく、治療目的であること!!

例えば、歯の噛み合わせに問題があり、噛み合わせを改善させるための歯列矯正であると、医師が診断した場合。

医師によるしっかりとした『不正咬合、噛み合わせに障害あり。』として、正式な診断書があれば医療費控除対象になることもあるのです。

momo
momo

しかし、これは、極稀なケースであるため、詳しくは、かかりつけの矯正医に相談しているといいですね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました