水道代の節約術!節約グッズで2万円お得!?おすすめ節約グッズ3選

得する話
カテゴリー

毎月支払う水道代。少しでも安くしたいのが本音ですよね。水道代は、地域によって料金の差が大きいので、料金が高い地域に住んでいる方は特に、水道代の節約はやって損はないはず!!

そこで、今回は、水道代の節約を節約グッズで解決する節約術をご紹介します。

スポンサーリンク

水道代の節約術!節約できる3つの方法とは?

水道代節約術①:シャワーで節約

あなたは、お風呂に入るとき、毎日お風呂にお湯をはり、湯船に浸かっていますか?

もしも一人暮らしをしている場合であるならば、シャワーのみにした方が断然、水道代を節約することができます。

平日の忙しい日に湯船に浸かっても、なかなかゆっくりできなかったりすることもあるかと思います。湯船に浸かる時間が短いのにも関わらず、お湯はりするのはもったいない!どうしても湯船に浸かりたい場合は、休日やお風呂時間をゆったり過ごせる日のみにするなど、浸かる頻度に工夫をするだけで水道代の節約になります。

また、2人以上の家族世帯の場合、長い時間お湯をはったままにしておくと、冷めてしまうことも。

momo
momo

入浴時間と入浴時間の間を短くしたり、風呂フタを使用したり、 なるべく追い炊きを控えるようにすることも水道代の節約につながりますよね!

水道代節約術②:トイレで節約

トイレでの水道代の節約は、流すときの『大』『小』で決まります!!

もちろん、トイレは『小』で流すようにしましょう!『大』で流した場合と『小』で流した場合の水道代の比較は、

4人家族トイレ水道料金
(1日に”大4回”で洗浄した場合)
4人家族トイレ水道料金
(1日に”大1回”、”小3回”で洗浄した場合)
1日約31円約25円
1ヶ月約922円約749円
年間約11059円約8986円

のようになっています。まさに塵も積もれば山となる。

momo
momo

これは、簡単にできる節約術ですのですぐに実践できそうですね!!

水道代節約術③:洗濯機で節約

洗濯時にできる、水道代の節約術は、3つ!!

それは、

  • 残り湯を使用すること
  • お急ぎモードで回すこと
  • 重いものから入れていく

この3つが水道代の節約のポイント!!

また、徹底的に水道代の節約をするのであれば、

  • 洗濯は『すすぎ1回』で洗う
  • 毎日の選択を2~3日に1回にする

などの節約術もあります。

momo
momo

洗濯に関しては賛否両論あるので、あまりストレスにならない程度にやってみてもいいですね!!

しかし、節約を意識しすぎるあまり、やってはいけない節約方法もあるのです。それは、、、

水道代の節約術!やってはいけない節約方法とは?

水道代の節約術として有名な、トイレのタンクに中身の入ったペットボトルを入れる方法。

確かに、中身の入ったペットボトルの重さを利用することで、タンク内の水位が上がるため、一見節約に適していると考えられがちです。

しかし、それは、やってないけない節約術。トイレのタンクにペットボトルを入れるのはNGなのです!

トイレのタンクに入れてしまうことで、トイレのタンクが壊れてしまう恐れがあります。壊れたタンクを修理するための修理代が取られ、かえって出費がかさむことも。これは気を付けたいですね!!

momo
momo

では、水道代の節約の効果がより期待できる方法はないの?

ということで、ここからは節約グッズをご紹介します!

水道代を節約術!おすすめ節約グッズ3選

節約グッズ①:トイレ節水ロスカット

トイレタンクに取り付けると、水流と水圧はそのままで1度に5リットル節水することができます!

これをしておけば、上記で挙げたようなトイレのタンクにペットボトルを入れる必要はありませんよね!

節約グッズ②:アカパックン

入れるだけで皮脂や湯垢を取り除いてくれるお掃除グッズ。

実は、『お風呂の残り湯を洗濯用に使い回したいけれど、皮脂などの汚れが気になり、洗濯用には使いたくない。』という声も多いのです。

しかし、その汚れがこのグッズで綺麗になくなると分かると、どうですか?

『お風呂の残り湯を洗濯用に使ってもいいかも!!』と、なる方も多いのでは?

残り湯での洗濯に、ためらいがある方には本当におすすめの節約グッズです!!

節約グッズ③: 節約コマ&シャワーヘッドの交換

節水コマや節水シャワーヘッド使用での節水率は、なんと約40~50%!!

節水コマを水道のハンドルに設置するだけで、水の出る量を抑制し節水することができ、キッチンやお風呂のシャワーヘッドを節水シャワーヘッドに取り換えることで、水道代を節約することができます。

中でもキッチン用のおすすめ節約グッズは、

  • 向きの調整が可能
  • 水圧調整などモードの切り替えがあるもの

を選ぶのがポイントです!

また、風呂のシャワーヘッドを節水シャワーヘッドに取り換えることで、水道代の節約ができるだけでなく、湯を沸かす光熱費の節約にも効果があります!

momo
momo

実践された方の中では、水道代が1ヶ月で1000円も安くなったという声も!!

2ヶ月に1度の請求のため、1度の請求額が2000円も安くなるは大きいですし、節約グッズに変えて嬉しくなりますよね!

水道代を節約術! 節約グッズは使い方に注意!

節約グッズの使い方には要注意です!!

節水コマや節水シャワーヘッドは、蛇口のタイプによって使用できないことや、蛇口のメーカーに対応していないことも。事前にチェックしておく必要がありますね!

momo
momo

『せっかく購入したのに、家では使えない 』なんてことがないように気を付けましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました